スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先手 

また 新しい物が届いた...



わかめ 『へへッ 楽しみは 後でとっておくのです♪』
ヒラメ  『ほら 見回り行くで』
荷物
家臣達に追いたてられ 先に見回りに行く事にした...

わかめ 『さ~て今日はなにをしようかな~♪ あれとあれか...ハハハ』
 鯛   『雨が降るかもしれませんよ』
ヒラメ  『帰ったら おやつやな』
見回り
城に戻り まずは先日 宇坪殿に削ってもらいそして竹を利用した階段を
作りほんでもって土をならしたところに...


わかめ 『雨が降れば ここはドロドロになるね 芝は張れないし...』
BBQ処
考えた末 知人の殿より頂いた川砂利を敷く事にした...

ヒラメ  『またもらってきたんか』
わかめ 『もらっちゃたもんね~♪』
川砂利
城外の砕石が積んである場所より城内へ運び込む...

わかめ 『う~ これはキツイ 腰にきた~』
 鯛   『早くしないと 降ってきますよ』
どんどん入れる
ざっと10往復 そして川砂利敷き詰め完了...

 鯛   『あれっ 日が射してきましたね』
わかめ 『つかれた~... 今日はもうだめだ~』
たいへんよくできました
疲れた家臣達?とわかめはそのまま芝の上に横たわる..

わかめ 『スースー』
ヒラメ  『わかめ寝よったわ』
これが気持い~
鯛  『ところで何か忘れていませんか』
鯛ちゃん
ヒラメ 『わかってるけど 行かれへん』
ヒラメちゃん



ヒラメの おてて が...

気のせいか...




わかめ 『・・・・・はっ... 無事か~』




スポンサーサイト

古来より 

今日も 『犬宮城』 で作業していると城内より誰かが大声で叫ぶ声が
した...





竜急便 『 はんこくださ~い

わかめ 『ご苦労様です お~ やっと来たか♪』
荷物
早速 箱から中身を取り出した これはわかめが知人の殿に食べさせて
もらいその甘さに感動したらしく そしてその日に注文したようだ...


ヒラメ  『また注文したんか これはなんや』
わかめ 『甘くて旨~いものですよヘへへ...ヒントはサルで~す』
 鯛   『えっ...猿...ですか~』
苗
その甘くて旨いものとは サルナシ というものらしい...

わかめ 『お水をやって はい出来上がり...』
サル梨
植替えも終わりお昼までまだ時間があるため見回りにいく事にした...

 鯛   『見回り行きますか』
わかめ 『今日も暖かくて気持ちい~ね~』
見回りへ
見回りより戻りわかめはお昼が出来るまで作業していた家臣達もその姿
を最初は見ていたのだが今度わかめが見たときにはいなくなっていた..


わかめ 『嫌な予感...』
見ていたが...
わかめが急いで城に戻ってみると...

 鯛   『ス―ス―・・・・・・』
ヒラメ  『グァ―グワ―・・・・・・』
わかめ 『考えすぎか...ど~れお昼にするか~』
zzz
が、城に近づけば近づくほど見たくないものが見えてきた...

わかめ 『あっ...』
予感的中
わかめは家臣達をにらみつけたのだが...

わかめ 『どっちがやったの』
 鯛   『・・・・・・・・』
ヒラメ  『・・・・・・・・』
目を合わさない
ときすでにおそし、わかめはそっとサルナシを元に戻したが枝は剥ぎ取
られ芽はすべてなくなっていた...


わかめ 『うっううう...』
芽がない



わかめよ気持ちはわかるが 家臣達にとって物がいかなる物であろうと

サル(猿) という言葉のつく物はマズイだろう...




わかめ 『昔なにがあったの?ここまで仲がわるかったとは...』





防ぐ 

わかめは知り合いの殿より またなんだか頂いてきたようだ...




わかめ 『いつまでも 雨ざらしにしておけないもんね』
ヒラメ  『よし、やろか』
作業開始
どうやら この物の正体はトラックのホロだった 炭にする木を一時的に
入れておくらしい...


わかめ 『こら~っ!!も~ 水分は必要ありません』
水分をひっかける...
わかめはホロが風に飛ばされないように固定する作業をする...

わかめ 『よいしょっと』
ヒラメ  『わかめ これ住めるな~』
ホロ
そして 雨が入ってこないよう工夫し 問題の獣よけをどうするか考えた末
とりあえずネットを内側に張ってゆくことにした...


わかめ 『獣が住み着いて荒らされたら困るからね』
ヒラメ  『これが 大事やな』
 鯛   『これで 入ってこれませんね』
内側にネット
思っていたより早く出来た 時間が余ったので見回りに行く事にした...

わかめ 『見回りでも行くか』
 鯛   『いきましょうか』
見回り
見回りを済ませ わかめが先に戻り休憩していると ヒラメも口をモグモグ
させて戻ってきた...


わかめ 『なにか食べてきたでしょ』
口元が怪しい
いきなり ヒラメはわかめに飛びつく...

ヒラメ  『食べてへんで~ ほらっ』
わかめ 『く..ヒラメ..くさい..口が臭い... 何食べてきたの』
休憩中 突然
ヒラメ  『鯛、臭いか...』
 鯛   『くさい』
悪臭
この設置したホロに この先 雨や問題の獣などが入らないように心配
するよりも...


わかめ 『ほら~ ヒラメ出て来なさい!! も~っ 臭いから~』
 鯛   『まったく 鼻が曲がりそうですね』
ヒラメを追出す


今 入れてはならない防ぐべき奴が ここにいた...





階段 

先日 宇坪殿に土を削ってもらった所の段差を解消すべく とりあえず
階段を作る事にした...





出来上がったのが このお粗末な竹を利用した階段ではあるが これも
いつまで もつかはわからない...それは...

完成後
最近 今にも降りだしそうな曇りの日が多かったのだが この日は久し
ぶりに朝から日が差した...


わかめ 『今日は天気が良さそうだね...階段でも作ろうかな~♪』
 鯛   『そうですね あのままでは危ないですからね』
ヒラメ  『よし、やろか』
作業開始
わかめは竹を使って階段を作ってゆく...

 鯛   『・・・・・・・』
ヒラメ  『・・・・・・・・・(ガリッ)』
わかめは作る
だが、切ったしりから わかめの近くからは 竹がなくなってゆく...

わかめ 『あれ...ここにあった竹は?』 
ヒラメ  『・・・・・・・・・(ガリッ)』
かじる
犯人の運び屋がここにいた...

わかめ 『こら~っ 何処持ってくの』
さあ、どうする
ヒラメ  『鯛だって...』
 鯛   『・・・・・・・・・(ガリッボリッ)』 
わかめ 『もぉ~... おやつやんないよ』
ガリガリ・・・
ピタッ...家臣達の手...口が止まった...
しっかり
だが、暫くしてからまた竹をかじっている おやつという呪文の言葉も
通じないほどのものとは・・わかめは竹の匂いを嗅いでみた...


わかめ 『も~っ かじらないの...でもこれって...』
 鯛   『フフッ 今頃 気づいたのですか』
フフフ・・・



確かに 竹の切り口を匂ってみるとフルーツのような あま~い 香りが
していた...と、いうことは この竹で工夫して作った階段は...







 畑 

周辺の田畑が農機の音や鳥達の声で賑やかになってきた...


わかめは毎年 周りの農機の音を目安に 『犬宮城』 生命の源プチ畑に
手を入れる...



わかめ 『ど~れ~ やりますか~』
生ゴミ
まず溜めておいた生ゴミを畑にブチまけ そして石灰をまきアルカリ性に
保つ 肥料は昨年牛糞を入れたので大丈夫..らしい...


わかめ 『畑は なによりも土作りが基本だからね』
石灰
知り合いの殿より譲ってもらった 通称 土ほったくりマシーンで土をかき
あげ地をならす...


わかめ 『よ~い~しょ』
ほったくりマシーン
そこへお役目を終えた家臣達がやって来た...

ヒラメ  『肉はないか~』
わかめ 『 あ~っ!! 駄目』
忍び足
もともとハクビシン避けに張っていた網だがこういう時にも役立った...

わかめ 『はいはい...出てった出てった...』
ヒラメ  『ちぇっ !!』
 鯛   『あ~ぁ...今年も野菜ばかりですか』
閉鎖
ヒラメ  『なぁ、わかめ 豚耳とあと肉植えるの忘れるなよ』
わかめ 『そんなの生えてきません』
  鯛   『えっ、肉もですか』
文句を言う
家臣達は肉が生えてこない事を知り畑にまったく興味を示さなくなり 
そそくさと城内お役目へと戻っていった...


ヒラメ 『ちぇっ...鯛、お役目に戻ろか』
 鯛  『そうですね』
退屈
わかめも 畑おこしの一連の作業を終え 城に戻ろうとすると 畑のすぐ隣
からカサカサと音がする...


わかめ 『なんの音..く..ま.. そんなわけないか~』
見えるかな?
わかめは音のする方へそろりと近づいてみると...

わかめ 『え――っ......二ヒヒヒヒ・・・・・』
ここの拡大

家臣達よ 『犬宮城』は 野菜ばかりとは限らないぞ...

だが...見なかった事にして、そっとしておこう...



わかめ 『二ヒャヒャャ・・・・・・・・・』



あれ 

今日も朝の見回りを終え いつもの一日が始まった...



ヒラメ  『今日も異常なしやな』
わかめ 『見回りご苦労さん 頑張っているから 後でご褒美もらえるかもよ~』
 鯛   『では、先に行きますよ..朝の稽古がありますので』
見回り
そして家臣達は城の方へ戻り 朝の稽古が始まる...

ヒラメ 『負けへんで~』
 鯛  『いざ~!!』
いざ~
最初はヒラメから...

ヒラメ 『す―ぱ― ワワッコ 』
稽古の始まりか..
鯛はヒラメの攻撃をサラリとかわして...

鯛  『おぉ―っと』
脅す
そして今度は鯛からの攻撃とおもいきや...

 鯛  『知ってますよ~ ... あれの事』
ヒラメ 『ぐえっ...』
・・・・・
あれの事がバレては ご褒美にひびくと直感したヒラメは...

ヒラメ 『まいりました...あれの事だけは...』
許して
あまりにも反省するヒラメを鯛は可哀想に思い...

ヒラメ 『つい..あのその..魔がさして』
 鯛  『まあまあ、またどちらがやったかは バレないでしょう』
両手をついて
ヒラメはどうしてよいかわからずにとりあえず退散する事に...

ヒラメ 『鯛、この借りは必ず返すで~』
退散
その頃 城に戻ってきたわかめは...

わかめ 『ぐえっ!!茶色い毛がビッシリ付いてる ヒラメ、やったな..』
ズタズタの傘


多分...家臣達のいうあれとはこれの事だろう...

いや...まだ他にもあれはあるのだろうか...





何も知らずに 

朝の こっぱやく から わかめは出かけていった...


わかめは知り合いの果樹博士が居られるという果樹園からプラムの木を
いただいてきたようだ...



わかめ 『お~し 到着、もらってきたもんね~ ラララ・・・フフフ・・♪』
到着
わかめの騒がしい鼻歌で 朝には弱い鯛が何事かと思いやって来た..

わかめ 『おっはよ~プラムだよ~♪ あっ、わるいけど見回りやっといて』
 鯛   『こんなに早くからですか.....わかりました』
やってきた
鯛だけに見回りを頼み わかめはプラムの木を植えつける...
植付
そこへ 寝たフリは もう通じないと思ったヒラメも加わった...

ヒラメ 『まったく...こんな朝早くから何の騒ぎや』
 鯛  『プペポがどうとかで...早くから迷惑な話ですよね~』
ぼやく
わかめ 『で~き~たっラララ・・♪フフフ・・♪ お―い終わったよ―
植付完了
わかめは家臣達を呼んでプラムの事を説明してやった...

わかめ 『プラムだぞ~ うれしーだろう♪』
ヒラメ  『・・・・・・・・?? 旨いのか?』
 鯛   『楽しみですね...ふぁ~...眠い...』
記念に1枚
いったん城に戻り わかめは借りていたトラックを返しに行くことに...

わかめ 『後は頼んだよ...朝の稽古は かかさずにね』
ヒラメ  『かかすわけないやん』
 鯛   『ふぁ~... 後はお任せ下さい』
トラックを返しに
そして わかめが出発した事を確認した瞬間...

ヒラメ 『朝飯まで まだまだ時間あるで~.....あっ、寝てるは...』
 鯛  『ス―ス― ・・・・・』
どうする
ヒラメもすぐに...

 鯛  『ガ―ガ― ・・・・・』
ヒラメ 『ス―ス― ・・・・・ プペポ ・・ ヘヘ・・・・・ ガ―ガ― ・・・』
zzz


家臣達にとっては朝の稽古どころではなかった ...

わかめが戻るまでは...



わかめ 『ただいま!! おっ、やってるね~朝から元気で いいぞ~♪』




またれ~い 

城敷地内を改造すべく 宇坪殿が助っ人にまいられた...



ズズズズズ・・・・・

宇 坪 『おひさ~』
わかめ 『宇坪さん こっちこっち 奥へ奥へ...』
ズズズ・・・
 鯛  『なにやら 始まりそうですね』
ヒラメ 『後で手伝いに いかんな あかんな~』
始まった
宇坪殿の重機は奥へと進み...

宇 坪 『で、どうするの...』
わかめ 『この部分の土を取ってここをもっと広げたいんですが』
宇 坪 『まっかせなさい』
この部分
すくい取った土をトラック荷台へと移しトラックで運び出すこと約12回
たった これくらいの部分の土でも量はある...

危険近づくな
傾斜の地固めも終わりもう少しとなったところで...

わかめ 『あ――っ はまった..』
宇 坪 『ありゃりゃ... 引き上げてやるから』
助けて
この騒ぎで家臣達も目を覚ました
そこへ わかめが飲み物を取りに城に戻っってみると...


ヒラメ 『ほら、わかめ いわんこっちゃない..手伝うか』
 鯛  『ヒラメやる気ですね..』
わかめ 『結構です。 鯛 ヒラメの事頼むよ 飛び出して こないようにね』
目を覚ます
途中 休憩をまじえなんとか土は取り終えた...
終了
運び出した土は敷地の囲い外に積み上げる...
盛盛
今日も作業を無事終了した...
宇坪殿にお礼を言い見送って城に戻ってみると...


 鯛  『・・・・・・・・・・・』
鯛の手

しっかり



鯛はわかめの言いつけどおり ヒラメが飛び出してこないように抑えていた...

初城 

ヒラメの里より父上様がエビ姫を連れてまいられた...


父様は幼少時代 山で育ったとかで懐かしく思い、またこの 『犬宮城』
で 昔やっていた炭作りなどやってみたいとおっしゃった...



乙 姫 『おや? エビ姫はウチの城は初めてですな』
エ ビ 『はい、初めまして エビ姫と申します』
イエローの
エ ビ 『今日は私が お手伝いしま~す』
ラブラドールです
父様は慣れた手つきでチェーンソーに燃料を入れ準備する...

 鯛  『エビ姫とおっしゃるんですか』
ヒラメ 『良い香りがしますね~ 』
準備にかかる
父様は炭焼き用の木を切り始めようとした時...

父 様 『エビ姫は危ないからあっちへ行ってなさい』
エ ビ 『あっ...でも...でも...』
エビちゃん危ない
父様にべったりなエビ姫は 危ないので城敷地内へとお誘いした...

ヒラメ 『後の事は大丈夫ですよ、 私にお任せ下さい』
 鯛  『こっちでお話でもしていましょう』
三匹のラブ
次第に父様は手が慣れてきてペースが上がってきた...
父様頑張る
城内でもヒラメのペースが上がってきた...

ヒラメ 『しかし 良く来てくれましたね~』
 鯛  『ヒラメ..ヨダレが...』
デレ~
エビ姫は最初は楽しく走り回っていたが しつこく追い回してくる 
ヒラメに嫌気を感じ始めていた...


エ ビ 『もう、あまり見つめないで』
 鯛  『ヒラメ 失礼だぞ...』
エビちゃん
父様が作業を終え 城に戻られた...

父 様 『腰が限界だ...よ~しエビ姫帰るぞ~ また来るからね』
乙 姫 『今日もありがとうございました、お世話になりました』
父帰る
父様とエビ姫は去っていかれた...

ヒラメ  『・・・・・・・・・・・』    
 鯛   『乙姫様 ヒラメの様子が』
乙 姫 『ヒラメどうした お... お――い 』
エロ顔


もう ヒラメには何も聞こえなくなっていた...

のだが...


乙 姫 『お――い ご飯じゃぞ~っ』
ヒラメ 『・・・・・・はっ!!  今行くで~』



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。